静岡県藤枝市お人形ひなせい

a:22480 t:1 y:1
工房・制作現場のワンシーン

回転、メロディー(オルゴールつるし雛



回転しながら音楽が流れる。そしてその先にあるものは・・・?


制作現場からの想い・そしてその先にあるものは・・・?

ここ近年!つるし雛に人気が出てきておりますよね!

私の会社では、このつるし雛つるし飾りを数多く

作っております。

そのつるし雛雛人形屋さんに仕入して頂き、

一般の消費者さまのお手元に届くようお作りしております。

このつるし雛は、ご家庭のひな祭りの演出を手助けするものと

思っております。

そして、今回、回転し、音楽が流れるつるし雛を開発

いたしました。

産まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんどがあおむけ状態。

そして、生後1,2か月から赤いものから視野に入ってきます。

その後、音が鳴るものに反応し、動くものに反応していきます。

そんな赤ちゃんのお気に入りがつるし雛なのです。

素材選びから始まる

布を選ぶ・厳選な選び抜いた素材

つるし雛作るとき、まず素材選びから始まります。

この生地のこの場所を使ってはとを作っていこうかな?この場所でお着物を作ったら綺麗に仕上がるかな?

そんな事を常に考えながらの作業です。

ひと針ひと針気持ちを込め、決して妥協はしない!!!

それがひなせいつるし雛です。

決め細かな作業

ひと針・ひと針に思いを込めて

熟練技のきめ細かな作業から、産み出しております!

ミシンで縫い、最後は一つ一つ丁寧に手縫いで仕上げております。

忍耐力がいる作業ですが、縫い物が大好きなスタッフが沢山揃っています。

だからこそ!

この様な綺麗な仕上がりとなっております。

子供の心に笑顔を

より深い家族の愛を育んていきたい!

今、私の腕の中に新しい家族がいます。

この新しい家族の一人に主人の両親から送られてきたつるし雛つるし飾り

まだ、何もわからない娘。でも、
「これがうぐいすよ!」
「これがお団子よ!」

こんな会話ができる私たち夫婦・・・・・。

きっと、私もこうやって育ってきたんだな。

そう思うと、親の有り難みをしみじみと感じます。

今度は私たち夫婦が娘にこの体験をしてあげられる立場となったのです。

時代は移り変わっていきますが、こんな親の気持ちはいつまでも変わらないものです。

ひな祭りができる喜びに感謝。

そして、娘の誕生に感謝です・・・・・・。

丁寧に、妥協せず仕上げています。

静岡県藤枝市お人形のひなせい・スタッフ紹介

工房・制作現場のワンシーン

制作現場からの想い・そしてその先にあるものは・・・?

素材選びから始まる

布を選ぶ・厳選な選び抜いた素材

決め細かな作業

ひと針・ひと針に思いを込めて

熟練技のきめ細かな作業から、産み出しております!);

子供の心に笑顔を

より深い家族の愛を育んていきたい!

新着情報

女の子のつるし雛を見る

男の子のつるし雛を見る